ピラティスラボは福岡薬院、渋谷区恵比寿、代官山にある日本で最初の医療機関併設のピラティススタジオです。

  • Motor Control beyond Pilates

    Pilates Labは、Motor Control beyond Pilates の本部スタジオです。※世界で唯一、医師と理学療法士が共同開発した、医療職・トレーナーのための実践的な指導者育成コース

  • PMA CPT (Pilates Method Alliance CERTIFIED PILATES TEACHER)

    Pilates Labは、PMA CPT (Pilates Method Alliance CERTIFIED PILATES TEACHER) が4名在籍するスタジオです。※Pilates Method Alliance:ピラティス指導者の国際的な資格基準を設定している唯一の非営利組織

ピラティスラボブログ

【column】ピラティスでは呼吸が大切? 正しい呼吸が カラダをよみがえらせる!

ピラティスでは呼吸が大切? 正しい呼吸が カラダをよみがえらせる!

(Return to Life Through Contrology ~リターン・トゥー・ライフ・スルー・コントロロジー~ ―ピラティスで、本来のあなたを取り戻す!45ページ抜粋)

そもそも、呼吸の目的ってなんでしょう?

よく、ピラティスやヨガでは呼吸が大切だと言われますが、そもそも呼吸をするということは、私たちにとってどんな意味を持つのでしょうか?

カラダについて専門的に勉強した人は別として、こうした質問にきちんと答えられる人はあまりいません。ピラティスの生みの親であるピラティス氏もいうように、私たちは呼吸なしでは生きられないのにも関わらず、多くの人は呼吸について学んでいません。

そこで、まず呼吸の目的についてお話します。呼吸の目的には、大きく分けて次の3つがあります。

①体内に酸素を取り入れ、体内の組織から二酸化炭素を排出する

②姿勢を保つ

③動作を導く

①については、皆さんもよくご存知かと思いますが、実は呼吸と姿勢は密接な関係があります。姿勢の良し悪しが呼吸の深さに影響し、呼吸の仕方で姿勢が変化します。呼吸と動作も切り離すことができません。

どんな呼吸をしながら動くかによって、安定した動作になったり、反対に不安定な動作になったりします。

 

本来、正しい呼吸とは、これら3つの目的が十分に果たされている呼吸のことで、そこから得られるメリットは、免疫力の強化、頭痛・肩こり・腰痛の軽減、美肌効果、心身のリラクゼーション、体幹の安定、安眠効果、尿モレ予防などはかりしれないほど大きいのです。

もちろん、正しい呼吸でピラティスを行うことで、その得られる効果も出やすくなります。

正しい呼吸を学びませんか?

ピラティスラボ福岡では、ピラティスの基本の”き”を学ぶための、座学&実践の特別レッスンを定期開催しています。次回は9/6(金)13:00~スタートです!

毎週金曜日に、毎回異なるテーマをひとつひとつ深く学び、身に着けていきます。

もちろん、第1回のテーマは「呼吸」

腹式呼吸にありがちな誤解を紐解きながら、私たちにとって一番重要なしっかりマスターしたい呼吸法、「横隔膜呼吸」を学んでいきます。

横隔膜呼吸は通常、腹式呼吸とも呼ばれますが、実は腹式呼吸だけが横隔膜呼吸というわけではありません。なぜなら、胸式呼吸(息をすうときに胸を膨らませる呼吸法)でも、横隔膜を使うケースも多々あるからです。ピラティスのレッスンで使う呼吸法は、その代表といえます。

 

ピラティスが初めての方やまだ慣れていない方から、「先生(インストラクター)の言う通りに呼吸をするのがなかなか難しくて…」とご相談いただくことも多く、ぜひこの基本の”き”のクラスで呼吸法を学びなおしてみませんか?

 

第1回 呼吸 ~正しい“呼吸”がカラダをよみがえらせる~

[日時]2019.9.6~10.25(金) 13:00~14:20

[参加ポイント]3ポイント

 

営業時間

平日    10:00~21:00

土曜・祝日 10:00~18:00

日曜    10:00~13:30

ピラティスラボ福岡

ブログ 一覧に戻る


Warning: array_pop() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/prefit/pilates-lab.com/public_html/wp-content/themes/pilates_theme/single.php on line 29